Navigation

 

オンラインにおけるブランドを売る競争は熾烈を極めています。ブランドが成長することで、企業のマーケッターやマネージャーは顧客に専念することができるようになり、ブランドの認知度を強固なものにし、企業の収益へと繋がっていきます。

その一方、オンラインのおいて、企業の知的財産権は常にあらゆる脅威に晒されています。サイバースクワッティング、商標権侵害、フィッシング詐欺、ブランドジャック、タイポスクワッティング、ウェブトラフィックダイバージョン、オンライン詐欺、無認可のオンラインアクティビティなどが存在し、最悪の場合、企業の収益へと損害を与えてしまうこともあります。このようなあらゆる脅威から企業を守るために、ブランドプロテクション戦略が存在しています。しっかりと対策を事前に準備しておくことで、このような損害は防ぐことができます。

以下の質問をご自分の企業に当てはめてみてください。

1. 損害を被った場合、デジタルにおけるブランドの損害額がどれぐらいになるか理解しているかどうか。

2. デジタル上におけるあらゆるリスクに関して、どのように見つけ出し、どのように対策の優先順位をつければ良いか理解しているかどうか。

3. オンラインにおけるあらゆる脅威を認識しているかどうか。

4. ブランドが危機に晒されているプラットフォームをすべて把握しているかどうか。

5. これまでに、ブランドを守る上でどのような対策を施してきたか。



Name

Surname

Company name

Country

Email address

Subscribe to our newsletter

By clicking send you are agreeing to our Terms and Conditions and Privacy Policy